Tokyo American Club Nihonbashi

東京アメリカンクラブ日本橋

Tokyo 2021

Interior Design

Design: UDS+YOSHIMOTO ASSOCIATES

Lighting Design: Uchihara Creative Lighting Design

MEP Design: Kankyo Engineering

Art Direction: A.I.T.

CD and Construction (B Work): Kajima

CD and Construction (C Work): Tanseisha

Photography: Nacasa and Partners

Official Website (English)

公式ホームページ(日本語)

​Press Release by Mitsui Fudosan

Official Promo Video

2021 Good Design Award

2022 iF Design Award

The Club is the first satellite facility in its 90+ year history, dating back to the 1920s when the first American Club was established in Tokyo. Given the fact that the facility is for select membership and its size being considerably smaller than the main facility in Azabudai, we envisioned the Nihonbashi facility as a large "home" for the TAC family, where members would desire to frequently "return", rather than "visit". The facility consists of a fitness center, a bar/restaurant area, and a VIP room, all of which are covered under a single gently-sloped "roof". The consistent materiality and detailing of the roof-like ceiling is the most important design element connecting the separate areas of the Club both visually and emotionally. American black walnut, basalt stone, brass and custom wool carpet work in harmony to create spaces that represent American richness and Japanese sense of craft.

戦前に設立され、90年以上の歴史を誇る会員制クラブの初のサテライト拠点である。5社によるデザインコンペを経て設計者として選定された。会員制で限られた人数を対象にした施設であるということ、麻布台の本館に比較して小さな規模であることから、家族のための「大きな家」というコンセプトを掲げ、住宅的なスケール感、密度感を意識してデザインしている。主な用途はフィットネス、レストラン、VIPルームとなっており、それぞれのエリアが単独で利用できるようにプランニングされている。緩やかな勾配を持つ屋根型の木天井で全てのエリアを覆うことにより、どこにいても「ひとつの屋根の下」にいる感覚を得られると共に、施設全体としての一体感、アイデンティティの創出を意図している。アメリカ産のウォルナットを壁、天井パネルに多用したほか、バサルトや真鍮の金物、特注のウールカーペットなど、華やかでありながら「レジデンシャル」な優しい素材感で空間を構成し、メンバーが気負わずに普段使いできる施設として作り込んでいる。