The Royal Park Hotel ICONIC Kyoto

ザ ロイヤルパークホテル アイコニック京都

Kyoto 2022

Interior Design

Architects: Takenaka

Designers: Takenaka+UDS+YOSHIMOTO ASSOCIATES

Lighting Design: UCLD

Art Direction: Togakudo

Construction: Takenaka

Photography: Tomoki Hahakura

Official Website

Concept Movie

Tour Movie

The elegant in-situ concrete facade quietly blends into the existing urban context while the white stucco walls match those of traditional townhouses, such as the one next door. Guest rooms overlook Oike avenue, best known as venue of the famed Gion Festival. To take full advantage of the commanding location, rooms are fitted with large expanses of floor-to-ceiling windows, allowing guests to feel “immersed” into the city. In consistency with the Zen principle, a pared-down material palette is composed of a minimal number of materials and colors, including the signature gray-toned oak veneer and semi-translucent “washi” panels. Careful attention was paid to every detail of the interiors. Specially commissioned art by local artists re-interpret traditional techniques to create a modern Kyoto experience.

禅の精神に通ずるミニマリズムの中に、京都の伝統工芸にみられる繊細なプロポーションとディテールを感じられるホテルを目指してデザインしたホテルである。御池通の角地を生かした大開口により、風景が内部空間に取り込まれて「住まうような」街との強い一体感を感じることができる。客室は水場をガラス、引戸等でベッドルームと完全に一体になるプランとし、更に大きな解放感が得られるようにした。共用部、客室の素材を基調カラーの「ナチュラルグレーオーク」を中心に種類を限定して展開し、包まれるような独特の雰囲気を作っている。バーがあるロビー吹き抜けと隣接するレストラン、御池通を見下ろす「桟敷」をイメージした2階のラウンジとテラス、「アイコニック」ブランドカラーの白と黒でミニマルな空間とした大浴場・メディテーションなどの充実した共用空間においても、研ぎ澄まされた禅の世界観を表現している。陶、紙、漆の伝統技法をモダンに解釈したアート群が、優しく照明された空間において静かに「新しい京都」を演出している。