Park Court Shirokane Chojamaru

パークコート白金長者丸

Tokyo 2021

Facade Design

Common Area Interior Design

Designers: UDS+YOSHIMOTO ASSOCIATES

Architects: Atelier SEAP

Lighting Design: Tomoru Design Meguro

Art Direction: A.I.T.

Construction: Seibu Construction

Photography: Yuhosha / YOSHIMOTO ASSOCIATES

Official Movie

Good Design Award 2022

Mitsui Fudosan Residential Official Relase

A long and straight approach way leads to the "hidden art gallery" nestled in the woods - this is how we envisioned this residence. Principal axes of the landscape and architecture have been defined, where select pieces of modern art were placed to mark the sequence of axes as one moves along. The vast forest of the nearby Tokyo Garden Museum became the inspiration of the wood slat design on the facade and interiors, while all other materials were selected to remain subtle and minimal to make the art and rich landscape the focal point, rather than the building. Circadian-controlled lighting design and the rich landscape greenery work together to give residents a sense of time and the changing seasons.

公道から奥まった敷地に向かって真っ直ぐ伸びる長いアプローチ空間。そこを抜けると出迎えてくれる「隠れ家アートギャラリー」をイメージした。道路と建築の関係から複数の「軸線」を設定し、それに沿って奥へ奥へと引き込まれる空間体験を一連のシークエンスとしてデザインしている。隣接する東京都庭園美術館の圧倒的な緑と呼応させ、樹木をモチーフにした木目調で内外装を統一するなど、素材や色彩をミニマルに限定した。建築の主張を抑制しながらも表情豊かで落ち着きのある素材を選ぶことで、アートと外部の自然がより鮮やかに引き立てられることを意図している。各所に「自然と光」をテーマとしたモダンアートを配置し、サーカディアン調光による照明、豊かなランドスケープデザインと連動した「生きた」アートギャラリー空間が日々の生活と一体になり、刻々と変化する光と季節の移り変わりを感じて頂けることを期待している。